泣きたくなるほど嬉しい日々に

メンヘラ女子大生のジュークボックス。

地震の話

サクッと死にたくなるから困るね。でも自傷行為はしないぞ2018。もう二十歳だしな。

 

一人暮らしになってから初めて、大きな地震が来た。死ぬと思ったし死にたくもなった。怖かった。どうしていいかわからなかった。色んな人から連絡が来た。暖かい手だった。その人達に連絡を返しつつ、アルピーannのポッドキャスト聴いてたら朝までぐっすりだった。

 

水も電気も止まった。朝起きて、たまたま来た隣人と外に出たら、近所のスーパーは大行列だった。子供は並ぶのに飽きたのか泣き叫んでて怖かった。親戚に連絡して、自転車で向かった。そこは断水してなかった。

 

その日の夜もあまり眠れなかった。寝付くのに時間が掛かったし、数時間毎に目が覚めた。次の日一人で帰ること、空き巣に入られて居ないか、色々怖かった。

 

次の日叔父が起こしてくれて、一人で自転車を漕いで帰った。朝だからあまり怖さもなく帰った。戸締りちゃんとしたから何ともなかった。水も電気も通っていた。洗濯やら作り置きやらをして、昼寝をした。地震の夢を見た。

 

夜は友人と電話をした。電話中も少し揺れて、怖かった。ラジオを聴きながら寝付けたのは3時過ぎだった。地震から丸2日。

 

そして今日。起きた。呑気に生きているけれど、まだ何があるかわからない。おとといより大きな地震が来るかもしれない。不安。でも、備えるだけ備えた。パソコンをスマホのサブバッテリーとして用いることにした。モバイルバッテリー、落ち着いたら買わなきゃな。その他にも、防災セットみたいなのを準備しなければと思う。今、正直そんな気力がないから落ち着いたらでいいかな?

 

 

 

 

 

そんな感じでした。元気だよ。早く安心して寝たい。誰かと。後ろ指さされるようなことしかしてないから無理か。なんてね。

 

ほんとにこわかったの。

 

 

 

ゆっくり寝ます、おやすみ。