眠れないなら

メンヘラ女子大生のジュークボックス。

定期的に読む用のメモ

話せる経験が少ない分、スキルで勝負する(SPIとか資格とか)

 

頑張ったこと

TOEICのスコアアップ

多角的なアプローチ(単語やアプリ、TED)によって一年で95点アップ

→大学編入

周囲の協力を仰いで取り組んだ

 

卒業時(就活時とも言えるかもしれない)にどうなっていたいかを考えて明確にすると自然とやるべきことは見えるのではと言われたので考えてみます!!

 

なりたい人物像

  • 相手の目を見て話せる
  • 吃らないで話せる
  • 気分の波を穏やかにしたい
  • 協調性と社交性、社会性を身に付けたい
  • 英語を専門的な分野でも使えるようになる
  • 中国語とスペイン語も日常会話は出来るように
  • 早寝早起きの習慣をつけたい
  • 専攻の知識をしっかり身に付けたい
  • 痩せたい…!

 

やるべきこと

  • 濫読
  • 人と話す機会を増やす
  • グループワークを嫌がらない
  • カウンセリングとか病院とか、安定する為に使えるものは使いまくる
  • 英語を話すことを恐れない
  • 中国語とスペイン語は学んだら資格で可視化する
  • 人間として最低限の生活を送る
  • 興味のアンテナを立て続ける

 

くらいかな。はぁ。

 

 

 

「自分のことをわかる、とはどういうことだと思いますか?」に、「なにができるか分かっている、というより、なにができないか、仮にできたとしてもどれだけ向いていないのか分かっている状態が、自分を分かる、ということのように思います」って答えが返ってきた。自分の出来ることと出来ないこと、そしてそれの濃淡を理解した上で行動するのが一番楽なのかな。

今回はわたしが何を出来て何が出来ないのか、そしてその程度を考えていきたい。

 

出来ること

  • 一人暮らし(それなりに)
  • 短期記憶(単語テストが終われば全部忘れる)
  • 目標達成の為に段階を踏む手筈を整える
  • 行動する
  • 物事を早めに終わらせられる
  • 前髪を自分で切れる

 

出来るけど向いてないこと

  • リーダーシップを取る(出来るしやりたがってしまうんだけど、心への負担がとてつもない)
  • 自分について考える(むちゃくちゃ考えてるけどいつも死にたくなる)
  • 作り笑い(仲のいい人にはバレる)

 

出来ないこと

  • 業者からの電話(正しい敬語で話せていない気がする、メモ取れない、電話の鳴る音が怖い)
  • 論理的にものを考えられない(感情的)
  • 欲求を止められない(過食)
  • 感情の波を表に出しすぎてしまう
  • 思考整理
  • 他人からの愛や懇意を当然のように受け取ってしまい感謝出来ていない(ザコ)
  • 一度嫌だと思ったらとことん嫌いになってしまう
  • 自己肯定
  • 他人と比べまくってしまう
  • 規則正しい生活(飽きてしまう)
  • 人混みの中を歩く
  • 社交的でない
  • 季節に適した服がわからない
  • 化粧(毎日してる人本当に凄い、国民栄誉賞)
  • お金の管理(ザコ)

 

難しいね、人生って。

108円で買える快楽

文章書くの疲れるけど楽しい。どんどん自分を掘り下げられる。楽しい。恥ずかしい。She is fine.

 

クリープハイプのインディーズ時代のアルバムがサブスク解禁された。嬉しい。ずっと聴いてる。リグレットって歌がオススメ。

 

こう、何を言いたいわけでもないんだけどさ。何も言えない、言わないことの美しさってのも日本人の美徳の一つでしょ?だから口をつぐませてよ。

 

とはいえ書きたいことは山ほどあるの。生きるの難しいよ、とか、スタバの新作飲みたいよ、とか。

 

生きるのは難しい、普通にいたいだけなのにどうしてこうも上手くいかないんだろうか。

馴染めない編入先、アルバイトもせずに病院通い。医療費と生活費だけがかさむ。

他者と比べてばかりの毎日にもそこそこ慣れてきた今、戦線離脱しなければいけない。きっとこの先も、就活中とかにこういうことばかり起きて阻まれるんだろうな。身も心も欠陥品な自分が憎い。

本当は働きたくないしインターンも行きたくない。ただ、大学出た次の進路が欲しくて躍起になっているだけなのだ。

健康の大切さを、二十歳と約半年でやっと理解している。ガタが来るのだ。やっぱり、何をするにも体が資本。本当に。そこに難があると、何をするにも不都合が生じる。そう、わたしみたいに。

こんな文章ならいくらでも書けるのに、エントリーシートの志望動機はちっとも筆が進まない。あーあ、生きるのって難しい。


自己否定したいだけの毎日。多分わたしは真性のマゾヒストなのだろう、自分が傷付くと分かっていながら大学に通っては、セックスフレンドと適当にセックスをして、酒と抗うつ剤を飲む。セックスなんてちっとも気持ち良くもないのに、暇つぶしがしたくて呼んでしまう。ただ、終わったらすぐ帰ってほしい。泊まられるのは正直しんどい。

人間は上手く行かない時、悪い方のマシに足掻くと心理学の講義で先生が言っていた。学がないよりは、1人で悶々と考え込むよりは、鬱々とした気持ちに支配されているよりは、今がよっぽど楽なのだ。

 

息が出来ない時がある。苦しい時、わたしは耳にアルピーとオードリーを流し込む。聴き慣れたパーソナリティーの声はとても安心する。もう両親に頼ってられなくなったから、好きな芸人たちのラジオに頼るのだ。

ラジオを聴いていると、自分にちゃんと感情があることを思い出す。笑っていられる。これがなければきっと、ドロドロに溶けてしまう。ラジオがあるからこそ、人の形を保っていられるのだ。

ラジオがあってよかったなぁって思うことは多々あるが、他の人は何もなくても人間の形なのだと思うと少しだけ切なくなる。

 

子宮が痛い。ハハノシキュウじゃなくて、わたしの子宮。つらい。まあ手術するために北海道に帰っているのだから、多少痛いのも当然なのだけど。

なんか毎日つらい。理由もなくつらい。しんどい。でも薬でごまかして生きてる。凄くない?クソ雑魚アスペルガーが、大学まで進学してるんだもん。もう充分でしょ、諦めようよ。適当な会社入って適当に生きようよ。それじゃダメかい?

ダメなんだよ。やりたいことをやるための手段として大学進学しとんねん。なあ。もうちょっとだよ。

生きるの辛!むり!着陸!はあん、まあもうしばらくは頑張ろうね。

 

 

私の番です。たしかにね。

最近文章を褒められることが増えた。嬉しい。

 

承認欲求まみれなので常に褒められたいの。でもそんな大したことはできないの。人生甘くないの。

 

ふぁいなり、こんくるーじょん。

 

心理学の先生に先週のプリントお願いして話してたんだけど、ど正面から肯定されてぽへええってなった。粘り強くありたいね、もうちょっと頑張ろうっと。

 

あと最近思うんだけど、これまで散々人と対面で話すことを避けてきたからか、会話の伸ばし方と切り上げ方が分からない。特に目上の人。困って黙って、その間が気まずくてとんちんかんな質問をしてしまう。課題だな?

 

酒美味い。セブンのとみ田豚ラーメンは美味しすぎる。もう何杯食べたか分からん。二郎食べたい。

 

外国人来るに決まってんじゃんね、近くに外大あるんやぞ?

 

金属バットはペガサスではなかった。実在してた。最高だったよ、ゲラゲラ笑ってしまった。最高。やっぱり2人とも推せる。らぶい。

 

推しが点在し過ぎて、お金がない。もうわたしがイベント主催して呼んだ方が早いレベル。ラッパーも生で観たい人沢山いるし、芸人さんも。五百万くらい貯めてやろうかな。まぁ、ニートの戯言。

 

働きたくはないけど就職先がほしいんです!進む道を決めたいだけなんです!ふぁっく!

 

ゆやゆよんって、冷静に考えると狂ってるよね。

 

最近やること多過ぎて、紙とかメモ帳に書き連ねてたからブログに書く文章の余地がなかった。

 

自己否定と他者からの肯定、ほんの少しだけ出てきた結果。その繰り返しで気付いたらもう6月が終わる。ここにきて4ヶ月、前期終わったら慣れたってことにしていい?

 

 

『学問のすゝめ』

エッセイ2回目。最近わたし自身の中で固まりつつある芯を文字に起こしたよ。

 

 

近頃、学問の楽しさを理解し始めた。小学校から数えれば15年もの間学校に通い続けて、ようやく楽しいと思える境地に一歩一歩近付いている。

心が動く仕掛けなど、当たり前のことに焦点を当てて学ぶのが楽しい。無意識のうちにできることに対して、一つ一つ意識を向けていく。自分自身の理解の範疇が広がる感覚が愉快だ。

また、前大学で学んだことに基づいて物事を考えている、と気付いた際の喜びも享受できるようになっている。今、大学生として知識を深められているのは、前大学に通った2年間が土台にあるからだ、と心から思えるようになった。編入生であるという個性を受容しつつある。

加えて、一見関係ない二つの学問が繋がる瞬間も胸が高鳴る。例えば、「法廷での証言を通訳する際、用いる動詞を変えるだけで証言が変わってくる」という話を聞いた際に、わたしの脳内で通訳学と心理学が手を繋いだ。その瞬間に溢れる快楽は何物にも変えがたい。これが教養か、と痛感するのだ。

こういうときめきを感じる度に、「一生大学生でいたいなぁ」と思ってしまう。

ガラス、割ってみる?

『愛がなんだ』、とても好きだった。成田凌がクズで良かった。

 

平子祐希は愛で出来ているのかもしれない。彼のブログは本当にいいな。誇らしい推しだ。

 

もっと自由でありたい。1番のしがらみはわたし自身の偏見。やるって覚悟決めたんやろ??なぁ???天才はあきらめたを読み直したいけど、ボスはこんな頑張ってるのにわたしは…ってなるから今は読まない。

 

人前で転ぶのも恥ずかしいけど、転ばないよう下を向いて歩いてることがバレるのもダサくて恥ずかしいよ。授業中くらい堂々と転ぼうや、起こしてくれる人いるんだからさ。

 

弟コンプレックスが未だに振り切れない。就活サイトを見ては不安になるたびに、家業を継ぐだけでいい弟が羨ましい。要普免って書いてあると、免許を持ってる弟が羨ましくなる。はあ。

 

心理学の講義で、2年以内に下の兄弟が出来た場合愛着システムが育ちづらい的なことを言ってて、じゃあ複数子どもが欲しい人はどうすりゃいいんだろって思う反面そうだよな、2〜3歳の頃別の子どもに親がかかりっきりになるんだから当然だよなとも思う。

 

6月前半は色々動きがありそう。TOEFLHSKと適性検査?の結果届いたり、またTOEFL受けたり、SPIの講座を受けたり、インターンシップの申し込みについて考えたり。将来がどんどん見えちゃう。怖いね。選ばれることと評価されることばかりだ。一喜一憂しながらなんとかこなしたい。

 

5月もご愛読ありがとう、6月もよろしくね。

 

『おいしいねと言い合える相手』

週1回くらいでエッセイ的な何かを書きたいと思ってるよ、1回目。

 

 

人と何かを食べて「おいしいね」と言い合いたい。相手の性別は問わない。食べるものだってなんでもいい。100円の菓子パンでも、高級焼肉でも。俵万智が「寒いね」の返答をしてくれる人を求めていたように、「おいしいね」と言って同意を示してくれる人とご飯が食べたい。そこには暖かな心の繋がりが、目には見えないけれど確かに存在するから。

1人でご飯を食べているから「誰かと美味しいものを共有する」という喜びが満たされない。ここ最近、うどんに花椒入りラー油をかけるのにハマっている。とても美味しい。一気に鼻に抜ける異国の香りと辛さがたまらなくて、うどんやそうめんなどと麺類なら何にでもかけてしまう。これは紛うことなく美味しい。小麦で口内が満たされるのは幸せである。ただ、「その美味しさを共有する相手」がいないのだ。ちょっぴり悲しい。早く大学で仲良い子作ろうっと。

 

 

有罪モラトリアム

Street Dreamが最高の曲なので、それを使ったバトルも最高なんだよなぁ。peko対般若、DK対T-Pablow、NAIKA MC対ヤングたかじん。全部最高。

 

旦那デスノートってサイト、見てみ。結婚出来ないわ。怖い。不倫してる人も多すぎない?

 

焼肉食べてきた、ごちそうさまです。f:id:suzlaser:20190524223505j:image

 

King Gnuどハマりしてる、「Vinyl」と「あなたは蜃気楼」がとても好き。

 

暑すぎて日中はなーんにもしてない。ファッキンニート。夜間はまだ涼しいから動ける。

 

最近、当たり前のことを勉強するのが楽しい。心が動く仕掛けとか。無意識のうちにできることに対して一つ一つ意識を向けていくのが、理解の範疇が広がる感覚で楽しい。